中古のピアノ査定を受ける時のポイント

中古ピアノの売却を検討している時に意識したいポイントがありますが、まず相場を確認してみる事が大切です。

売りたい中古ピアノにはどの程度の価値があるものなのかを知っておけば売却で失敗するリスクが軽減されます。相場価格を知らずに適当に売ってしまうと、実は相場よりも安値だったという可能性もありますので、メーカーや型番などからどの位で売買されているのかを調べてみる事をおすすめします。
ピアノ査定の時には色々な部分をチェックされて価値を判断されますが、チェックポイントの一つになっているのがコンディションです。鍵盤や部材に汚れや傷がないかなどをチェックされますので、綺麗に見えるように対策をしておく事も大切です。手入れをする事によってある程度は綺麗に見せる事ができますし、綺麗な状態ですと丁寧に扱われてきた印象も与える事ができますので、しっかりと磨いておいた方が良いと言えます。
ピアノ査定では付属品がしっかりと揃っているかどうかも確認されますので、付属品もきちんと準備しておくようにしましょう。説明書や保証書、電源ケーブル、保護カバーなどがしっかりと揃っているようですとプラス評価になる事があります。また、付属品も綺麗である事が大切ですので、汚れがあるようなら拭き取っておくなどの対策も必要です。
こういった下準備をきちんと行ってからピアノ査定を受ける事が大切ですが、査定をしてもらう際には必ず数社から見てもらう事をおすすめします。中古ピアノに対する価格の付け方は業者によって差が付く事が殆どですし、相場以上での買取をしてくれるところを見付ける為にも数社から査定を受けるのが鉄則です。
いくつもの業者からの査定は大変ですので面倒に感じるかもしれませんが、中にはオンラインで査定をしてくれるところもありますので、そういったサービスも活用してみる事で査定価格情報も楽に集められるのではないでしょうか。
以上のような工夫をしてみる事で中古ピアノを上手に売れるようになります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ